« 胃腸炎だそうです | トップページ | 義援金ではないですが… »

2011年3月31日 (木)

またまた実家へ

こんばんは。ご無沙汰しています。
コヨチの胃腸炎はチイコヨへうつり…そのまま私にバトンタッチ。
3人同時ではなかったもののわたわたと過ごしておりました。
私たちには温かい飲み物や食べ物があり、お風呂があり…
夜には明るく照らす照明があり、ただいまと言える家がある。
そしてなにより大好きな笑顔がある。
感謝して精一杯生きなければと思いました。

…………………………………

先日、父の3回忌と祖母(父方)の17回忌のために実家に1週間ほど帰っておりました。
実家には母と祖父(父方)の2人暮らし。
祖父は変わり者で耳もとおく、母とほとんど会話をしません。
なので一人暮らし状態の母(…といっても祖父の世話はしているのですが)
コヨチとチイコヨを連れて帰るととても喜んでくれます。
美味しいご飯をつくってくれて子ども達とも遊んでくれます。
私も実家に帰ると楽なのでついつい甘えてしまいます。

4月からコヨチは幼稚園(まだ道具たちに名前書いてないーーー!)
これからはちょくちょく帰れないだろうなぁ…と思うと胸が痛む。
父が亡くなってからどこか元気のない母(当たり前なんだけれど)
どうにか母を喜ばせたい。元気づけたい。
やはりそれは私たちが帰省することにあるんだろうなぁ…
…と思うとまた胸がいたい。憂歌団。

大阪に戻る前日は私リクエストのおでん。
母のおでんはおでんというよりも関東炊き(?)っていうのでしょうか?
真っ黒で甘くてこってり。
私は幼い頃からこのおでんで育っているので大大大好物。
関西出身の旦那の思うおでんをはるかに超えた代物。
おだし?透き通った汁?
そんなもんみじんもありませんから。
ビジュアルはこげ茶。すべてがこげ茶。コゲティー。
そのおでんをたくさん食べて翌日もタッパーに入れて持って帰りました。
他にも筑前煮やたくさんの野菜やフルーツ。調味料や乾物など…
たくさんたくさん持たせてくれました。

大阪に戻ってからかけた電話の母は「寂しくなった」と言ってました。
たしかに。
チビッコ二人が賑やかすぎるからね。

夜に食べたおでんは味がいっそうしみていて美味しかった。


P1020484
本気でシャボン玉に興じる63歳主婦。
コヨチのを奪ってますから。
シャボン液がなくなるといれろいれろと催促してましたから。
チイコヨそっちのけですから。

P1020492
日差しがきつくなってきたので私のストールを…
どこかの国の人みたいになってる…
って、また段ボール入れられてますから。
無抵抗ですから。
おとなしい子です。

|

« 胃腸炎だそうです | トップページ | 義援金ではないですが… »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胃腸炎だそうです | トップページ | 義援金ではないですが… »