出産

2008年6月19日 (木)

私の出産記録

2008年4月15日に予定帝王切開手術を受ける予定だった私。
…が!
10日も早い4月5日の早朝6時15分…
「ドン!」…とコヨチにお腹を蹴られた瞬間!
しょろろろ〜と破水。
寝ぼけ眼で「尿漏れ?」…ノン気な私。
そのままトイレに駆け込んで便座に座ったとたん!
ジョーーーっとお水が!

「は、破水したーーーーー!」
…と、トイレの中から旦那に報告。
旦那飛び起きる。

午前7時頃、病院に到着。
車いすで診察室まで連れて行ってもらう。
その間、痛みも何もなし。
ただチョロチョロと水がもれてるのを感じるだけ。

診察してもらうと
「確実に破水しとりますな」「すぐ手術しましょう!」
…ということに!
ウキャー!心の準備がぁぁぁぁ。
そのままLDR室へ行ってNST。
太い針を手首にさして点滴。
麻酔の効きやすくなる注射をブチュ。
心電図のための装置を胸にペタペタ。
もう、されるがままのマリオネット状態。

午前8時30分…手術開始。
エビみたいに丸まって腰に麻酔をうつ。
思ったより痛くない!あっさり。
すぐさま胸から下の感覚がなくなる。

そしていつの間にかお腹を切られていたらしい。
私には全く感覚がなく、
あるのは左右に揺れる振動だけ。
点滴が落ちるのをボーっと見ながら待つ。

助産師さんが
「もう足が見えてるからね」…との言葉にいよいよか…。
緊張か寒さなのかわからないけれど奥歯がガタガタいってる。

…フギャーーーーーン!

2008年4月5日午前9時5分
体重2598g
身長45cm
…の元気なオンナノコ、コヨチが誕生しました。

奥歯をガタガタさせながら涙。
そのまま胸に抱かせてもらってまた涙。
一生懸命にないていたコヨチは私に抱かれると泣き止んだ。
私の第一声は…「かわいい…」でした。アハ。
かわいい…本当にかわいい。
ずーーっと会いたかったんだよ。
ハジメマシテ。私の赤ちゃん。これからどうぞよろしくね。
(…とこころの中でつぶやく)

そのまま、コヨチと別れて残りの手術をうける。
ホッチキスで傷口をバチン、バチンととめられる…

お腹の中のものが一気に出たからなのかわからないけど
急に寒気に襲われる。
さらに奥歯がガタガタ。寒い。寒すぎる。
電気毛布を用意してもらいくるまる。温度も一番高くするけど寒い。

しばらくして麻酔がきれると…
ウ、ウギャーーーーー!
とんでもない痛み!ハウウウウ!!!
我慢できない!
陣痛にくらべると軽いもんなんだろうけど…こりゃ辛い。
というわけで、6時間おきに痛み止めの座薬を入れる。
あら、痛くないわ。オホホ。

自然分娩に比べると、時間もかからず痛みもなし。
あっという間の出来事でした。
産後の経過も順調でした。ありがたい。

…と、こんなカンジでしょうか。
いまでも、コヨチの生まれた日のことを思い出すと
なんとも言えない気持ちになります。キューンって。

9日間の入院を終え、コヨチとの生活がスタートしたのでした…

Cimg0949





こんなに大きくなりました。
顔が…パンパンです…ハハハ

| | コメント (22)